So-net無料ブログ作成

ググッ ググッ ガツーン [釣果]

参議院選挙の投票を済ませ その足で鮎釣りへと出かけました

今日は 釣れるのかな(・・・・・ヘタクソだからなぁ)

途中 岩井橋上流の友釣り専用区域へ 様子見に立ち寄ってみました

こんな感じの釣り場で 昨年から友釣り専用区域になったようです

IMG_2113.jpg


釣り人に声をかけ 

「釣れましたか?」

「ここは 一日粘っても せいぜい4~5匹だよぉ」

まだ 釣れていないようだ

IMG_2114.jpg


舟生橋下流へと向かう

橋の真下で粘っている 一人の釣り人が いるだけである

ここで竿を出すことに

向う岸へ渡り 粘るが ウントモスントモ言わない

アタリの気配さえしない 

そうだ 所谷へ行こう

IMG_2115.jpg


袋田所谷

入れ替わりに 常に誰かが釣っているポイント

砂が流芯に入っている箇所も多いが 良く見ると50Cmくらいの石が ハミ跡で真っ黒だ

追いっ気のある鮎は 確かにいる

あとは いつ追うかだ


川の縁から 静かに泳がせてみる

ググッ ググッ おっ 掛かったかな

スー そのまま 何もなかったかのように 上流へ泳ぎ続ける

ケラレたのだ


またもや ググッ ガツーン いきなり下流へと流れる

掛かったぁ 竿を立てて留める

リール竿で糸が短い 緩やかな浅瀬へ移動させ 糸を慎重に張ったまま緩める

よーし 囮鮎の頭が見えた 引き抜く

完全な背掛かりだ 鮎もデカイ 21Cmはありそうだ


移動鼻環の取り付け箇所を大鮎用に移動し 鼻環 腹バリ 背バリの順に 泳がす

泳ぎ過ぎだ 

野鮎は最初のうちは元気だ

盛夏は囮鮎のほうが 休ませると元気になる


グッグッ コンコン 追っている

またもや ケラれた 何事もなかったように泳いでいる


移動しようと 竿を動かした途端に  いきなり下流へと流れはじめた

溜めると動くし重い 掛かった

囮鮎の上下の動きに 野鮎が反応したようだ


瀬は重りを付けて 引き釣り 足場が悪いのでポイント選びが容易ではない

掛かるときは 竿尻から持っていかれる 

いきなりだ

何だかんだと 6匹で終了 

またもや 悔いが残る   

IMG_1805.jpg

 
ちょっとした いい話


ホームセンターから 菅笠(スゲガサ)を買ってきました

798円と安いですね

本来の目的は 日除けのため農作業で使用するみたいです

つばのある普通の帽子は UVカットを塗っても あまり効果がありません

もう 年なんですから 真っ黒になるのはやめましょう(・・・・・自分に)

菅笠は 頭のてっぺんに空間があり 蒸れません

これを 鮎釣り用の日傘に 改良します

材料は竹で出来ています

ゴトクは3ケ所留めてありますが グラグラします

紐も 耳かけがなく 風が吹いたら 飛ばされてしまいます

IMG_2116.jpg     IMG_2117.jpg


ゴトクの留め箇所を増やしました

また ゴトクに包帯をグルグル巻きました 

これでは お遍路さんみたいです

紐で左右に耳かけを作り あご押さえの紐も作り 紐押さえも付けました

あとは 頭のてっぺんに手拭い 襟足側に日除けを付ければ 申し分ありません

ペイントで色をつけるのも一興かな

釣り具屋さんで売っている菅笠は1万円以上もします

檜や杉でできていて 和紙を貼り 漆を施しているようです


これで釣れれば 何も言うことはありません

IMG_2118.jpg


nice!(40)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 40

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。